「たんと名刺」

4月から「たんと内灘」は、谷本典子が施設長となり、あたらしい体制でスタートしています。

それにともなって、名刺のデザインを一新してみました。
表には、たんとちゃんがおおきく描かれています。

たんとちゃんのアイコンも少しずつ認知されていくと、ゆくゆくはカレーの売上げがあがったり、事業所としての「たんと」がひろく知られていくのではないかと思っています。
そしてこちらが名刺の裏面です。事業所のマークとともに、御所、弥生、小坂といった「たんと」の住所が書かれています。

なんといっても名刺は、「顔」のようなものですからね。いろんなかたと会って、たくさんお渡ししていこうと思っています。

新しい名刺ともども、「ふれあい工房たんと」を、これからもよろしくお願いします。

「桜祭り」

「たんと内灘」のすぐ目の前は、桜でいっぱいの桜公園です。先週末の14日は、「桜祭り」が行なわれました。

「桜祭り」は、「たんと内灘」にとっても、地域のかたがたとふれあうことのできる絶好の機会なのです。
この写真のように晴れわたればよかったのですが、当日はあいにくの雨模様。
それでも場所を公民館の体育館に移して、にぎやかに桜祭りをしました。
「たんと内灘」は、カツカレーや唐揚げ、フランクフルトなどで参加しました。やはり食べ物での交流が、事業所の内容や活動を知ってもらううえで、なにより手っ取り早いです。
たんと特製「カツカレー」です。

雨にもかかわらず、地域のひとたちがたくさん集まりました。チンドン屋さんの登場もあったりで、すごく盛りあがりました。
たんとチームも、できたてのたんとカレーTシャツで、おおいにアピール。スタッフも、普段とはちがう環境に緊張したりする場面もありましたが、みなすごく楽しんでいました。

残念ながら売上げは目標に届きませんでしたが、「たんと内灘」のことを知ってもらう、いい交流ができたと思っています。

これからもこの場所で、地域にささえられながら、事業所を続けていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。




「発売開始です。」

これまでいろいろとお伝えしてきた「たんとカレーTシャツ」ですが、こちら金沢でも発売準備が整いました。

このホームページの「ご注文フォーム」から申し込んでいただくほか、たんと御所、たんと内灘の両事業所でも、販売しております。
はやくも一枚売れて、みな大喜びです。

ぜひ事業所の見学をかねて、たんとTシャツを買いにいらしてください。

14日の内灘桜公園の桜祭りでも、販売します。どうぞよろしくお願いします。

「たんとTモデルなかしまくん」

中島くんは、映像制作会社のアシスタントプロデューサーです。

お母様が福祉事業所で働いているということもあって、「ふれあい工房たんと」の取り組みに興味を示してくれています。「たんとカレー」も購入していただきました。

昨日は、中島くんの仕事先の編集室にお邪魔して、「たんとカレーTシャツ」のモデルになってもらいました。
いい笑顔。 ちょうどカラーグレーディングに来ていたカメラマンはじめ、その場にいたスタッフが「たんとカレーTシャツ」を買ってくれました。
はじめてのお買い上げで、5枚売れました。

これからも、いろんなひとに着てもらって、写真をここでアップしていこうと思います。
第一回目はなかしまくんでした。ありがとうございました。

おまけで、デザインを担当しているムラカミアキラさんのたんとTです。

「届きました!」

今日、東京から大きな荷物が届きました。 なかみはもちろん、できたてホヤホヤの「たんとカレーTシャツ」です。
厚手のしっかりとした白生地に、可愛いたんとちゃんのデザインです。右上には「KANAZAWA TANTO CURRY」のロゴもはいっています。
ひろげてみるとこんな感じです。 袋詰めしたりの作業がまだありますが、これからドンドン宣伝して販売していきます。このホームページの「注文フォーム」からも買えるようになっています。

たんとカレーTシャツを、どうぞよろしくお願いします。

「たんとTシャツ完成間近」

シルクスクリーンの版下が出来上がったということで、たんとTシャツを作ってくれる「スーパースリー」に、またまたお邪魔しました。

元祖「大迫はんぱないってTシャツ」を着る星野さんです。
そしてこちらが手刷りにつかう原版です。
デザインをしたムラカミアキラさんと星野さんが、位置や色合いについて最終の確認をしています。
ここですべてが決まるので、本番前になんどかテスト刷りをし、これだという色が決まりました。

試作第一号がこちらです。
きょうの夜には刷り上がり、来週には金沢に届く予定です。

販売予定価格は2000円(税別)。色は白、サイズはS、M、Lを用意しています。

発売日が決まったら、大々的に告知します。もうすこしお待ちください。

「4月の新作」

毎週木曜日は、金沢医科大学病院の売店に「ふれあい工房たんと」がつくるお弁当が並ぶ日です。

季節ごとにいろいろと趣向を凝らして、アイデアを出し合いながら作ります。 ということで、4月からの新メニューはこれ、「オムミートライス」です。

今回はカレーではありませんが、こちらもなかなかの自信作です。

どうか木曜日の医科大売店に足を運んでみてください。そして手に取ってご賞味いただければと思います。

「たんとTシャツ打合せ」

たんとちゃんをデザインしたムラカミさんとともに、星野荘一郎さん率いる「スーパースリー」にうかがいました。
「スーパースリー」はシルクスクリーン印刷をする会社です。この工房で日夜たくさんのTシャツなどが制作されています。

手作り感満載の制作現場。ひとひとりが通るのもたいへんなくらい、ところ狭しと大きな機械や塗料などであふれています。
奥の事務所にて。ムラカミさんのデザインデータをもとに、大きさや色合いなど、入念な打合せをしました。

ここで決まるとシルクスクリーンの原版作りがはじまります。
星野さんも、たんとちゃんのシンプルなデザインをたいへん気にいってくれました。 ムラカミさんと星野さん。初対面とは思えない丁々発止の打合せはどんどんと進み、Tシャツのあとには、サコッシュなどにプリントするのはどうだろうという話にまで発展していきました。
サコッシュはちょっとのお出かけにとても便利。
これにたんとちゃんをプリントしたらどうだろう?
「スーパースリー」はほんとうにすごい集団で、なんでも刷ってしまいます。あの「大迫ハンパねえTシャツ」もここで一枚一枚手刷りされたわけですが、あのときは死人がでるのではないかと心配するほどのフル回転だったそうです。
これらは写真じゃなく、シルクスクリーンによる手刷りです。一枚の布に何回かにわけて塗り重ねていくそうで、まさに版画の世界。
いそがしい手を休めて、しばし皆で歓談しました。

たんとカレーTシャツのできあがりが、ますます楽しみになってきました。乞うご期待。

「福祉マップ発行」

石川県保険協会による「福祉マップ」の改訂第10版が発行されました。
県内の福祉制度はどうなっているのか、どんな福祉施設があるのかなどがわかりやすく書かれている、とても便利な一冊です。
なかみはこんな感じです。ちょっと堅苦しいようですが、障がいのあるかたが必要とする福祉サービスや制度、助成に関する最新の情報を載せています。
たんと理事長酒井は、この冊子の編集委員をつとめています。今回は編集の仕事だけでなく、事業者として日々感じることをコラムにしてみました。 見かけたら、ぜひ手にとってご覧になってください。

「デザイン決定!」

お待ちかねの「たんとカレー」Tシャツのデザインが、できあがりました。メインキャラクターの「たんとちゃん」を全面に、シンプルで可愛らしいルックになっています。

下地は白の丸首Tシャツ。長く着てもらえるようないい生地をつかいます。

デザインができあがったので、これからシルクスクリーンの原版をつくり、職人たちの手作業で刷っていきます。

その経過はまたこのページでご紹介していきます。完成まであと少しお待ちください。