「世界の凧の祭典」

13日の日曜日、内灘海岸で「世界の凧の祭典」が行なわれました。

しかし朝からあいにくの雨です。

青空にたくさんのいろいろな種類の凧があがるはずだったのに、残念です。お天気ばかりはどうにもなりません。

それでも30周年を記念する大凧をみんなであげました。

 

 

 

 

 

 

 

今週末19日、20日は横安江町商店街のイベント「よこっちょポッケまーと」に参加します。たんとカレーを食べにきてください。

http://yokoccho.com/

「ライブをやりました。」

東京で「たんとカレー」が食べられるお店は、2軒あります。

武蔵小山の「アゲイン」と西荻窪の「月笑う」です。

その「アゲイン」で12日、「たんとカレー」サポーターズの「耳なしフランケン」と「田野辺実鈴」が、一緒にライブをやりました。

田野辺実鈴にとっては、これが歌手としてのデビューライブです。ずいぶん遠くからいらしてくれたファンのかたもいて、にぎやかでアットホームな会になりました。もちろん「カレーライスが食べたいな」と「たんとカレーの唄」も歌いました。この2曲は、メニューの「サポーターズ」から「耳なしフランケン」のところにいくとありますので、ぜひ聴いてみてください。

「たんとカレー」も売り切れて、食べたかたにもたいへん好評でした。今回のユニットのプロデューサーでもある山路徹さんも、「おいしい!」を連発して食べていました。

「たんとカレー」を広めるライブをこれからも続けていきます。

「たんとカレー」開店。

はじめまして。「たんとカレー」のサイトを管理しているきたはらと申します。きょうまで独力でコツコツとホームページの作成をしてきました。どうにか体裁も整ってきたようなので、そろそろ開店しようかと思います。

障がい者就労継続支援という福祉事業のもとで作られる冷凍カレーということに、たいへん興味を持ちました。そして食べてみて、その美味しさにさらなる関心を抱いたのが、このサイトを作るきっかけです。

「たんとカレー」をたくさん売りたいなと思いました。そのためには宣伝しなくてはいけないし、買いたいと思ってくれたひとのための注文フォームだって必要です。それにはどうするか、まずは「たんとカレー」のサイトを作らなければ、というのがこれまでの流れです。

その間、約2ヶ月ちょっと。友人たちの厚意と手に助けられて、なんとかこぎつけました。そのあたりのことは、これから少しずつこのブログに書いていきたいと思っています。

まずは開店です。末長くよろしくお願いいたします。

(き)