「塾カレー!」

とある学習塾から依頼がありました。夏休みの期間、塾に勉強にくるこどもたちのお弁当に「たんとカレー」をとのお話です。

もちろん「たんとカレー」は低価格で美味しいから選んでいただいたと思います。でもそれだけではなく、「ふれあい工房たんと」の取り組みが「カレー」という教材となって、こどもたちのもとに届くような気もしているのです。

学校の勉強だけが勉強じゃないと、よく言われます。塾の先生はきっと「たんとカレー」を通して、世の中にはいろんなひとがいて、さまざまな暮らしがあって、一所懸命に生きているということを、伝えたいのではないでしょうか。

「たんとカレー」は、障がいを持ったひとたちが作る美味しいカレーです。塾に通うこどもたちが、食べながら、障がいについて、一緒に生きる社会について、ほんの少し考えてくれたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です