「ライブをやりました。」

東京で「たんとカレー」が食べられるお店は、2軒あります。

武蔵小山の「アゲイン」と西荻窪の「月笑う」です。

その「アゲイン」で12日、「たんとカレー」サポーターズの「耳なしフランケン」と「田野辺実鈴」が、一緒にライブをやりました。

田野辺実鈴にとっては、これが歌手としてのデビューライブです。ずいぶん遠くからいらしてくれたファンのかたもいて、にぎやかでアットホームな会になりました。もちろん「カレーライスが食べたいな」と「たんとカレーの唄」も歌いました。この2曲は、メニューの「サポーターズ」から「耳なしフランケン」のところにいくとありますので、ぜひ聴いてみてください。

「たんとカレー」も売り切れて、食べたかたにもたいへん好評でした。今回のユニットのプロデューサーでもある山路徹さんも、「おいしい!」を連発して食べていました。

「たんとカレー」を広めるライブをこれからも続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です