「包むことのたいせつさ」

先日、「贈答用に発送してほしい」との依頼がありました。

お中元に「たんとカレー」を送りたいといってくださって、なんともうれしくなりました。

とはいえ初めてのお中元仕様ということで、いつも通りの段ボール箱でいいのか、贈答にふさわしい箱はないかと、スタッフ一同、右往左往。頭をかかえてしまいました。

さてさてどうしたものかと考え、水引などどうだろうということで、職員がチャレンジしたところ、思った以上にむずかしく、さまになるにはまだまだ練習が必要ということがわかりました。

赤と白の紙ヒモを結ぶだけなのですが、イメージ通りにいかないもどかしさ。うーん、奥が深い。
今回の受注をいい機会に、これからはもっと「梱包」にも配慮をしていきたいと思うようになりました。

「金澤たんとカレー」という、私たち事業所の主力商品のブランド化を押し進めるためにも、セットの詰め合わせ、またご注文に応じた発送のしかたやバリエーションなど、こまやかに対応していけるようにしていこうと思います。

そのためにも「梱包」はとても大切だと知りました。
これからも、送ったかた、送られたかたに喜ばれるように、色々模索しながら考えていきたいと思います。

水引もがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です