「スポーツの秋」

本日開催しました「うちなだまるごとスポレク」の様子です。たんと理事長酒井は障害者フライングディスク協会を代表して参加しました。

対象者が「関心のある方」というのがいいでしょ?障がいを我がこととして考えたいというひとたちと楽しいひとときを過ごしました。

参加者にはアイマスクをしてもらって、目の見えないかたの実際を体験してもらったりしました。スポーツを通して、障がいや障がい者への理解が深まってくれたらと願っています。

参加してくださったかたたちには「たんとカレー」をはじめ、福祉事業所が作るいろんな商品を持ってかえっていただきました。

こうした地道な取り組みが、障がい者への理解につながり、また障がいというものが決してどこか遠い話ではないのだとわかってもらえる、そんな第一歩になると信じてやみません。

「ふれあい工房たんと」は、これからも障がい者の社会参加、そしてさまざまなひとたちが共存できる社会作り、を目指してがんばっていきます。

ご支援よろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です