「KARA旨でアンケート」

8月18日は毎年開催されている「KARA旨グランプリ」がありました。

「KARA旨グランプリ」は、辛くて美味しいもの大好きというひとが、これでもかというくらい集まる人気のイベントです。みんな、おなかいっぱい食べて、これぞ一番と思うメニューに投票をします。

石川県だけでなく、他県からもエントリーがあり、今年は40もの出展者が、自慢の逸品で競い合いました。
その会場の一角で「ふれあい工房たんと」が共同開発しているレトルトカレー「剣崎なんばカレー」の試食会を行いました。
集まっていた辛旨ファンのひとたちに、試作品の「剣崎なんばカレー」レトルトを食べてもらい、アンケートをお願いしました。

その味についてはもちろんのこと、いま候補となっているパッケージデザイン3種類のなかで、どれがいいかもたずねてみました。 剣崎なんばは、白山市が誇る特産品。辛さのなかに美味しさがぎゅっとつまった唐辛子です。
もちろん「たんとカレー」にも使われていますが、新商品はその剣崎なんばを全面にだしたレトルトカレーです。
ちなみに今年の「KARA旨グランプリ」の優勝者は、去年に引き続き「竹の家」さんの「旨辛ぶっかけ辣ーらぁー麺」でした。
おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です